就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|試用期間中の社員を解雇したいのですが・・・。

労働問題の事例紹介

試用期間中の社員を解雇したいのですが・・・。

中小企業の場合、社員を転勤させたり、配置転換させるのはなかなか難しい状況にあり、ゆっくり時間をかけて教育していくのも厳しい現実があります。
しかし、試用期間中といっても簡単には解雇出来ないことをまずはご承知置き下さい。
試用期間中の社員は「正社員と比較」して労働契約解消の裁量範囲が広いと考えられている程度のことなのです。むやみに解雇出来る訳ではないのです。
雇い入れてから14日以上経過している場合には、30日以上前に解雇を予告するか、解雇予告手当の支払いをする必要がありますので、ご注意下さい。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up