就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|退職時に有給の残日数をすべて消化したいと言ってきたのですが、どうしたらよろしいでしょうか?

労働問題の事例紹介

退職時に有給の残日数をすべて消化したいと言ってきたのですが、どうしたらよろしいでしょうか?

有給休暇の申請を行ってきた場合、会社には時季変更権(時期を変更してもらえませんか?という権利)が認められていますが、退職時には、時期を変更することが不可能なため、法律上では認めざるを得ません。然しながら、引き継ぎもしないでいきなり明日から有給を全部消化させて下さいという従業員には権利を主張することは構わないが、その前に義務を果たすように本人との交渉の上、再考を促すしかありません。
権利と義務のバランスを取ってもらうよう理解してもらいたいところです。
また有給休暇の買い取りは認められておりませんが、退職して消滅してしまうものについては買い取りすることも可能です。買い取りして引き継ぎをしてもらうことも一案かもしれません。なお、買い取り価格は法律で特に定められておりませんし、買い取るかどうかも会社の裁量で決められます。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up