就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|休憩時間について何か法律で決められていることはありますか?

労働問題の事例紹介

休憩時間について何か法律で決められていることはありますか?

労働基準法で休憩の最低限について定められています。
6時間を超える場合においては少なくとも45分。8時間を超える場合には少なくとも1時間の休憩を与えなければならないとされています。
一般的には9時〜18時が業務時間の場合、TOTALで9時間となりますので、1時間の休憩を与えなければいけませんので、1時間休憩でTOTAL8時間勤務となります。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up