就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|電車が遅れて遅延証明書を持ってきた場合、遅刻で遅れた分を控除してはいけないのでしょうか?

労働問題の事例紹介

電車が遅れて遅延証明書を持ってきた場合、遅刻で遅れた分を控除してはいけないのでしょうか?

会社の取り決めにもよりますが、多くの会社さんでは遅刻の扱いにはしていないところが多いです。
ただ、会社から見た場合、電車が遅延したことは会社のせいではないですし、その時間利益が出る訳ではありません。ノーワークノーペイの考え方から言えば、働いていないのですからその時間分を支払う義務はありません。
中小企業の場合、遅刻した時間分は支給せずに、その分遅くまで働き、実質労働時間は同じということで運用していくことをお勧めしています。
皆勤手当を支給されている場合は、遅延理由書がある場合は認めるケースが多いようです。
ただし、あまりに遅延理由書での遅刻が多い場合は少し早めに出勤するように指導する必要があるかもしれません。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up