就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|外国人を正社員として雇用しますが、厚生年金への加入を強く拒否しています。健康保険だけ加入させることはできますか?

労働問題の事例紹介

外国人を正社員として雇用しますが、厚生年金への加入を強く拒否しています。健康保険だけ加入させることはできますか?

外国人の方は特に年金への加入を希望されないケースが多いです。法律では概ね正社員の4分の3以上の勤務時間がある方は、健康保険・厚生年金ともに強制加入になります。
外国人だからといって例外はありません。
但し、外国人の方が帰国される場合には脱退一時金という制度もありますので、こちらをよく説明の上、加入してもらうように指導して下さい。
外国人を雇用する場合は「外国人登録証」で目的、期間をよく確認の上、雇用をするようにして下さい。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up