就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|従業員から定年を65歳に変更して欲しいという要望があったのですが・・・

労働問題の事例紹介

従業員から定年を65歳に変更して欲しいという要望があったのですが・・・

現在年金の支給開始年齢を段階的に65歳にしており、いずれは完全に65歳から支給になります。そうしますと60歳で定年のままですと、65歳まで空白の5年間が出来てしまいます。5年間収入が無い状況というのは非常に厳しいですよね。
そこで従業員さんは65歳まで定年を変更して欲しいという要望が出しただと思いますが、まず気をつけて頂きたいことは労働条件の不利益変更は難しいということです。
一度定年を就業規則にて65歳にしてしまいますと、その後やはり60歳に戻したいというのは難しいですし、65歳まで給与を減額せずに雇用を維持するのは会社としても厳しいと思いますので、慎重に進めて頂きたいと思います。現在の流れを見ますと60歳の定年は維持して、条件の見直しを行った上で65歳まで再雇用(雇用契約の再締結)するというケースが多いです。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up