就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|退職金制度を見直ししたいのですが、不利益変更に該当しますか?

労働問題の事例紹介

退職金制度を見直ししたいのですが、不利益変更に該当しますか?

現在の退職金制度を継続していると退職金の支払が出来なくなる状態が近い将来やってくることが予想される段階で退職金制度変更のご相談にいらっしゃる会社様が多いのですが(支払えなくなってからご相談されるケースもありますが)、退職金制度の変更(減額)は不利益変更に該当します。金額も大きいので従業員の反対も多いです。毎月の給与額を増額する等の代替案が必要になります。退職金も一度制度を導入すると不利益な変更は難しいので、慎重に検討する必要があります。
右肩上がりの経済状況であればまだしも、厳しい時代ですので昔のような退職金制度の維持は困難です。早めに制度変更をし、リスクを減らすことも検討していかなければいけないかもしれません。
中小企業退職金共済のように毎月掛け金を掛けていき、それ以上のリスクは無いという状態にするのも一案かと思います。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up