就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|有期雇用契約のパートを今回で雇止めにしたいのですが、気をつける点はありますか?

労働問題の事例紹介

有期雇用契約のパートを今回で雇止めにしたいのですが、気をつける点はありますか?

最近、有期雇用の雇止めをめぐるトラブルも多くおきています。
これも雇用契約書がしっかりと結べていない、あるいは結んでいても曖昧になっていることが原因です。
契約満了日が来たらどうするのか?雇用契約書にはっきりと明記しておいて下さい。
契約の更新を有りうる契約にした場合には、必ず早め(2、3ヶ月前がベスト)に面談をし、更新の有無を納得のいくように事前に話し合いの場を持つことが大切です。
いきなり1週間前に今回で契約打ち切りで・・・と言われても従業員も納得出来ないですよね。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up