就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|月末退職と月末の1日前退職では社会保険料が異なると聞きましたが、どのように異なるのでしょうか?給与計算はどのようにしたらよろしいのでしょうか?

労働問題の事例紹介

月末退職と月末の1日前退職では社会保険料が異なると聞きましたが、どのように異なるのでしょうか?給与計算はどのようにしたらよろしいのでしょうか?

社会保険料は日割り計算を行わないこととされており、月末に在籍しているかどうかで1ヶ月の保険料がかかるかどうか決まってきます。
例えば8月31日で退職(社会保険は翌日喪失になりますので9月1日付喪失)の場合は8月分の社会保険料がかかりますが、8月30日で退職した場合には、8月分の社会保険料は不要となります。(8月1日〜8月30日の間で退職した場合には同じ取り扱いになります。)退職後は個人で国民健康保険や健康保険の任意継続をすることになりますが、こちらに8月末に加入していれば、こちらで8月分の保険料がかかることとなります。
会社としましては、会社負担分が無くなりますので、月末よりは月末より前に退職してもらった方が社会保険料的にはお得ということになります。
これは会社の給与支払い条件(締め日、支払日)には関係はありません。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up