就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|総額人件費を把握しやすくするために固定残業を導入したいと思っています。導入時に気をつけることはありますか?

労働問題の事例紹介

総額人件費を把握しやすくするために固定残業を導入したいと思っています。導入時に気をつけることはありますか?

IT業界等従来のブルーカラー的な業務ではなく、企画やデザイン等を行う場合、なかなか労働時間の管理が難しいものです。毎月時間外手当が大きく変動していては、会社としての収益の見通しが立ちにくいのも事実です。そこで就業規則や雇用契約書にそもそもの給与に毎月30時間分等の固定の割増賃金(固定残業、みなし残業)を組み込む方法をお勧めしております。もちろん契約の30時間を超える時間外は別途支払いの必要は出てきますので、それ以上にならないように管理していくことは必要ですが、総額人件費の把握や残業代請求リスクを考えると、導入した方がリスクは大幅に低減されます。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up