就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|「在籍出向」の契約はどのように取扱うのでしょうか?

労働問題の事例紹介

「在籍出向」の契約はどのように取扱うのでしょうか?

出向は「出向先」と「出向元」との出向協定(契約)に基づいて行われますが、従業員の雇用契約は出向元と出向先の両社と結ぶこととなります。
出向先と労働条件の詳細(時間、場所、休日、業務内容)を契約し、出向元と基本的な事項(契約期間、給与、賞与、退職金、慶弔休暇、昇給等の待遇)を契約します。
使用者が出向(在籍出向・転籍出向)を命じるには、労働者の同意が必要となります。
ただし、在籍出向の場合には、就業規則や労働協約に在籍出向についての具体的な記載がありそれが周知されている場合には、労働者の包括的な同意があったものとして、出向命令権の濫用に当たらない限り、必ずしも出向命令時に個別的な同意を得る必要はないとされています。一方、転籍出向については、出向元の社員としての身分を失うという重大な結果が生じることから、在籍出向とは異なり、同意を得る必要があるとされていますので、注意が必要です。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up