就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|当社は従業員全員に一律30,000円の住宅手当を支給しています。住宅手当は時間外割増賃金の基礎となる賃金には算入しなくていいですよね?

労働問題の事例紹介

当社は従業員全員に一律30,000円の住宅手当を支給しています。住宅手当は時間外割増賃金の基礎となる賃金には算入しなくていいですよね?

割増賃金の基礎となる賃金に算入しなくてもいい賃金というものが、労働基準法上定められておりますが、確かにその中に「住宅手当」が含まれております。
但し、これは住宅の費用や条件によって費用を段階的に支給したり、率を掛けて支給するものに限ります。一律に支給したり、役職別に支給したりするものは通常の賃金と同じ取り扱いになりますので、ご注意下さい。
算入しなくていいものは他に_搬下蠹通勤手当J無鐚蠹せ匳教育手当ノ彁に支払われた賃金Γ渦娵遒鯆兇┐覺間毎に支払われる賃金となっております。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up