就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|就業規則を作成し、従業員代表に意見書を書いてもらいましたが、反対意見ばかり書かれています。従業員が10人以上いるので、労働基準監督署へ届出しないといけないと思いますが、どうしたらいいでしょうか?作り直さないといけないでしょうか?

労働問題の事例紹介

就業規則を作成し、従業員代表に意見書を書いてもらいましたが、反対意見ばかり書かれています。従業員が10人以上いるので、労働基準監督署へ届出しないといけないと思いますが、どうしたらいいでしょうか?作り直さないといけないでしょうか?

就業規則は「従業員代表の意見書」を添えて、労働基準監督署へ届出をすることとなっています。法律上はこの意見書は「意見を聞けばいい」ということになっておりますので、例え反対意見だらけの意見書でも労働基準監督署への届出は可能です。
然しながら、労働者の反対だらけの就業規則を届出したとして、今後その就業規則は守られるのでしょうか?会社を守ってくれるのでしょうか?
反対を押し切って届出し、従業員の不満が溜まってしまっては何の意味もありません。
どこが問題なのか?解決策はあるのか?従業員さんと一度話し合いをされることをお勧め致します。もちろん従業員の希望を全部飲む必要もありません。会社側、従業員側それぞれが歩み寄った就業規則が出来ればそれが一番理想的な就業規則かもしれません。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up