就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|1年程前に入籍した社員から今頃になって特別休暇の申し出をしてきたのですが・・・

労働問題の事例紹介

1年程前に入籍した社員から今頃になって特別休暇の申し出をしてきたのですが・・・

就業規則には慶弔休暇(特別休暇)として、よく結婚したら○日支給しますと記載されています。「○○後○日以内に取得すること」と期限を区切っている会社は少ないです。これですと、会社の命令でなかなか休みを取れなかった場合はやむを得ませんが、自らの都合で休みを遅らせたり、何回かに分けて取られても会社としては困ります。
従って就業規則には、「結婚(出産後)後○日以内に1回に限り土日を含む連続した○日」と記載しましょう。
最初からきちんと就業規則あるいは職場ルールブック(従業員ハンドブック)に記載しておけばトラブルになることはないと思います。
通常の有給休暇よりも長めの休みになることも考えられますので、○日前までに事前に申請することも条件のひとつにしておいた方がいいと思います。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up