就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|フレックスタイム制を導入しようか検討中です。導入する際のリスクを教えて下さい。

労働問題の事例紹介

フレックスタイム制を導入しようか検討中です。導入する際のリスクを教えて下さい。

一時期フレックスタイム制が多く導入されましたが、これもなかなか日本的な経営にあわないのかもしれません。「誰がいつ来て、いつ帰ったのか」まず時間管理が難しいです。またコミュニケーションも取りにくいようです。
本当に個人で業務を行う研究開発等の業務には向いているのかもしれませんが、チームや組織で行う業務には向いているかどうか疑問です。
基本的にはいつ来てもいつ帰っても良い(フレキシブルタイム)という制度ですが、コアタイム(会社にいなければいけない時間帯)も設けることが出来ます。ただ、遅刻、早退や欠勤の控除という概念がありませんので、コアタイムにいなかった場合の罰則等は定めないといけないかもしれません。一度導入してから廃止する会社も多く見られます。導入の際にはなぜ必要なのか?メリットとデメリットを比較し、慎重に導入を検討して頂いた方がよろしいかと思います。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up