就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|新規設立し、これから社会保険(健康保険、厚生年金)に加入しようと準備中です。社会保険は高額であるとよく聞きますが、実際にはいくらぐらいなのでしょうか?正社員を雇用した際には何の保険が必要なのでしょうか?

労働問題の事例紹介

新規設立し、これから社会保険(健康保険、厚生年金)に加入しようと準備中です。社会保険は高額であるとよく聞きますが、実際にはいくらぐらいなのでしょうか?正社員を雇用した際には何の保険が必要なのでしょうか?

まず、正社員を雇用した場合には労働保険(労災、雇用保険)、社会保険(健康保険、厚生年金)が必要となります。取締役だけ(社長だけあるいは役員だけ)の場合は社会保険のみとなります。
保険料ですが、給与額に対して約13%分程の会社負担が発生します。
例えば30万円の正社員を雇用した場合、約40,000円の会社負担保険料が発生しますので、実質は34万円で雇用したこととなります。
資金繰り表や事業計画を作成される場合には、保険料もあわせて検討される必要があります。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up