就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|パート、アルバイトにも雇用契約書は必要ですか?

労働問題の事例紹介

パート、アルバイトにも雇用契約書は必要ですか?

労働基準法では、「雇用する者に」と定められていますので、パート、アルバイト問わず、従業員には雇用契約書が必要となります。特に最近では有期雇用の雇止めが問題になるケースが多発しております。言った、言わないの揉め事を避けるためにも雇用(労働)契約書は必ず作成しましょう。特にトラブルが起きやすい事項(賞与、退職金、休職、慶弔休暇等)については最初にきちんと記載しておくべきだと思います。無用なトラブルを避けるためにも雇用契約書の作成はお勧めしています。また労働条件が変更になった際には雇用契約書の変更もしておいて下さい。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up