就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|就業規則を一部変更しました。従業員にとっては条件が悪くなりますが意見書をもらえたので届出しましたが、従業員から不満が出てきました。就業規則は有効でよろしいのでしょうか?

労働問題の事例紹介

就業規則を一部変更しました。従業員にとっては条件が悪くなりますが意見書をもらえたので届出しましたが、従業員から不満が出てきました。就業規則は有効でよろしいのでしょうか?

就業規則を労働基準監督署に届出する場合には、従業員代表の意見書が必要となります。これは意見書ですので、反対でも就業規則の届出としては有効になります。
しかし、就業規則はあくまでも会社と個人の約束事になりますので、新規作成や変更の際にはなるべく従業員に主旨を理解してもらい、納得してもらうことが重要となります。反対されたままの就業規則では法的には有効であっても意味がないものになってしまいます。
また従業員の労働条件を下げる(不利益変更)を行う場合は必ず個別の同意書を取っておいて下さい。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up