就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|従業員5名程の会社ですが、就業規則は必要でしょうか?

労働問題の事例紹介

従業員5名程の会社ですが、就業規則は必要でしょうか?

労働基準法上、就業規則は10名以上で作成、労働基準監督署への届出義務が発生します。
10人未満の会社様でも就業規則を作成される会社様は多くいます。
就業規則を作成することで、従業員とのトラブルを未然に防ぐことも出来ますし、また従業員の不安を取り除くことが出来ます。
就業規則作成の時期ですが、外部の方(見ず知らず)を初めて雇い入れる際に検討されるパターンが非常に多いです。
会社設立当初は身内的な方(前職が一緒等)でスタートされ、軌道に乗り始め従業員をいろいろなところから採用しだす段階でやはり会社のルールが必要になってきます。
その段階で就業規則の必要性を感じる事業主様が非常に多いです。従業員の人数よりもルールの必要性を感じた段階で作成されることをお勧めしております。就業規則までは・・・という場合は職場ルールブック(従業員ハンドブック)の作成をお勧めしております。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up