就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|パート、アルバイトの就業規則は作成すべきでしょうか?

労働問題の事例紹介

パート、アルバイトの就業規則は作成すべきでしょうか?

ここ最近、パート、アルバイトとの労働トラブルが非常に多くなっております。
雇入れ時に条件を曖昧にしている場合にトラブルを起こすケースが多いです。
特に問題になるのは、有期雇用の雇止め、昇給、賞与、有給、退職金慶弔休暇あたりが多いです。
無用なトラブルを未然に防ぐ意味でもアルバイト、パートタイマー就業規則を作成し、問題になりそうな部分をしっかりと明記しましょう。しっかりと明記することでアルバイトやパートも安心して働くことができますので、パート、アルバイトを雇用する際には「パートタイマー就業規則」の作成をお勧めしております。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up