就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|当社は入社時に秘密保持契約を結んでいますので、退社時はそのままでいいかと思っていますが、大丈夫でしょうか?

労働問題の事例紹介

当社は入社時に秘密保持契約を結んでいますので、退社時はそのままでいいかと思っていますが、大丈夫でしょうか?

まず、入社時に結んだ秘密保持契約を覚えている方がどのくらいいるのかが疑問です。秘密保持については抑止効果が大きいと考えますので、退職時(退社時)にも内容をよく理解した上でサインをもらうようにして下さい。
退職時は本人もサインするにあたり、書面をしっかりと確認するはずですので、その意味でも更に抑止効果が見込まれると思います。
退職願いと秘密保持をセットで届出してもらうようにするのが理想だと思います。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up