就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|最近、TwitterやFacebookで自社の批判や情報を記事にしている社員がいます。身内だけでやっているようですので、気にしないでもよいのでしょうか?

労働問題の事例紹介

最近、TwitterやFacebookで自社の批判や情報を記事にしている社員がいます。身内だけでやっているようですので、気にしないでもよいのでしょうか?

最近、TwitterやFacebookで企業の批判をしたり、情報が流出したるするケースが増加しております。また、勤務時間内に利用しているケースも多いです。これも困った問題です。
インターネットは手軽に全世界で見ることができる便利であり、怖いツールです。
就業規則または職場ルールブックにて、「Twitter、Facebookは勤務時間中に行ってはならない。また会社の誹謗、中傷、情報等一切を書き込んではならない。」と記載した方がよいでしょう。懲戒もありますと記載しておけば、従業員もわからずにやってしまったという事態を避けられると思います。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up