就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|当社はIT系(ソフトウェア開発業)の会社ですが、開発部からフレックスタイム制の導入要望または出社時間を遅くして欲しいという要望が出てきていますが、部署毎に異なる勤務時間や体系は可能なのでしょうか?可能であれば導入した場合のメリット・デメリットを教えて下さい。

労働問題の事例紹介

当社はIT系(ソフトウェア開発業)の会社ですが、開発部からフレックスタイム制の導入要望または出社時間を遅くして欲しいという要望が出てきていますが、部署毎に異なる勤務時間や体系は可能なのでしょうか?可能であれば導入した場合のメリット・デメリットを教えて下さい。

就業時間や体系は就業規則、雇用契約書に定めれば、部署毎に制定することは可能です。
開発系の方は一般的に夜型の人が多いと言われており、朝が苦手な方が多いです。
これを会社がどう判断するか?なのですが・・・。
IT系の会社で多いのが管理系の仕事は9時から、開発は10時からというように時間をずらしているケース。あるいは開発だけフレックスタイム制を導入するというケースです。
勤務時間等を決める場合、気をつけて頂きたいことは皆平等であるか?仕事に支障はないか?コミュニケーションは取れるか?この3点が重要だと思います。
始業時間が異なる場合、しかもフレックスですといつ誰が来るのかわかりません。それにより仕事も遅れ、コミュニケーションも取れないという状況も考えられ、管理系の仕事の方でも帰りが遅かったりすれば、なぜ開発だけ?という不満にもなり兼ねません。
上記の3点をよく考慮の上、ご検討頂ければと思います。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up