就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|これから退職金制度を導入したいと考えています。どのような制度にしていったらいいでしょうか?まだ創業して10年以内の会社で社員30名程なのですが、これから良い人材を増やしていきたいと思っており、制度の導入を検討しております。

労働問題の事例紹介

これから退職金制度を導入したいと考えています。どのような制度にしていったらいいでしょうか?まだ創業して10年以内の会社で社員30名程なのですが、これから良い人材を増やしていきたいと思っており、制度の導入を検討しております。

確かに良い人材を雇用しようと思った場合、福利厚生的な部分も重要な要因になってきます。然しながら現在退職金は難しい問題になってきています。低金利の時代、先が読めない時代に、高金利の時代に作成した退職金規程が残ってしまっているのが一番の要因です。
適格退職年金の廃止により企業は退職金の運用をどうすべきかいろいろと悩んでおります。
退職金制度を導入される場合、まず最初に覚えておいて頂きたいことは、「導入してしまったら、不利益な変更はとても難しい」ということです。
これから退職金を導入される会社様には、給付額を約束するのではなく、毎月支払える掛金を約束するようにお勧めしています。退職金は一度に多額の支払が生じます。運転資金から拠出するのはなかなか難しいと思います。そこで国が運営している「中小企業退職金共済」をお勧めしています。外部に貯めておけば、会社だけでなく、従業員も安心出来ます。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up