就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|休職制度の導入を検討しております。導入の際の検討事項(ポイント)を教えて下さい。

労働問題の事例紹介

休職制度の導入を検討しております。導入の際の検討事項(ポイント)を教えて下さい。

休職制度は正社員の福利厚生として代表的なものです。もし、体調を崩してしまったらすぐ退職というような状況では安心して生活を送ることが出来ません。そこで会社はもしもの時のために就業規則に休職制度を導入しています。
然しながら、中小零細企業においては「余分な人員をそんなに長く抱えることは実質不可能です。ですので休職制度を導入する場合はその期間が重要になってきます。
一般的には勤続○年〜○年は休職期間○ヶ月という規程を作成します。気をつけて頂きたいことはよく入社○年以下○ヶ月というのを見かけますが、入社早々に具合が悪いと言って休職を申し込まれた場合断れなくなってしまいます。従いまして規程には勤続6ヶ月以上等の縛りを作成しておくべきです。最近うつ病等により休職をされる方が非常に多くなっております。休職制度の導入については慎重に検討され、導入されることをお勧め致します。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up