就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|時間外、休日労働に関する協定書(36協定)ですが、これも従業員が10人以上から届出義務が発生するのでしょうか?

労働問題の事例紹介

時間外、休日労働に関する協定書(36協定)ですが、これも従業員が10人以上から届出義務が発生するのでしょうか?

労働基準法では、1日8時間、1週間40時間を超えて労働させてはならないとされています。残業代を支払えばこの時間以上働かせて良いのかというと法律上はそうではないのです。時間外、休日労働に関する協定書(36協定)を会社と従業員代表で署名・協定し、労働基準監督署へ届け出て初めて時間外労働をすることが可能となります。
この協定を届け出ずに時間外労働をさせた場合は、労働基準法違反という取り扱いになってしまいます。
協定書を届出していても、もちろん残業代の支払は必要となりますので、ご注意下さい。
協定書の届出と残業代の支払、法律上はどちらも必要ということになります。
ですので、従業員1名でも時間外に労働させる場合は、この届出が必要になります。
また、協定は有効期限が1年になりますので、1年に1回届出するようになります。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up