就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|同業他社さんで、社員のセクハラが問題になっていたようです。セクハラが起こった場合、どのようなことが考えられるのでしょうか?

労働問題の事例紹介

同業他社さんで、社員のセクハラが問題になっていたようです。セクハラが起こった場合、どのようなことが考えられるのでしょうか?

ここ最近、中小企業でもセクハラの問題が出てきています。
大企業であれば部署変更や転勤等を行えば、本人同士が顔を合わせることも無いので、男性社員の処分で対応が出来るかもしれませんが、中小零細企業でセクハラ問題が起こった場合は即、退職に繋がります。また、会社に対しても使用者責任がありますので、訴えられる可能性があります。会社としては、セクハラは非常にリスクが高いものとまずは認識し、そのような疑いがある場合には即座に対応する必要があります。セクハラが起こってしまってからでは、会社は非常にリスクがある立場になってしまいますので、日頃から十分に注意しておく必要があります。
常日頃からの社員への教育が必要になります。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up