就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|無断欠勤で連絡が取れないまま、自然退職になってしまった元社員の最後の給与は?

労働問題の事例紹介

無断欠勤で連絡が取れないまま、自然退職になってしまった元社員の最後の給与は?

就業規則に「○日無断欠勤した場合には自然退職とする」と記載されている場合で、その○日間連絡が取れない場合は、実務上は自己都合退職としますが、会社が貸与しているモノの返還、退職願いの提出、秘密保持へのサインはもらいたいところです。社会人として、最後はきちんとすることがあたり前であることをお話して頂き、最後の給与と引換でも良いのではないかと思います。
「現金支給にしますので、所定の者を持参し、いつでも取りに来て下さい。」と伝えて頂き、きちんと退職時の書類等を回収した上で、給与を支払いたいものです。
就業規則にも「最後の給与は会社が貸与したものの返却および秘密保持にサインをしたことを確認した上で支給するものとする。」等と記載しておいても良いかもしれません。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up