就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|従業員を解雇出来ない時期が法律で決まっていると聞きましたが・・・

労働問題の事例紹介

従業員を解雇出来ない時期が法律で決まっていると聞きましたが・・・

労働基準法では、従業員を解雇出来ない期間を定めています。
ゞ般馨紊僚病による療養のため休業している期間およびその30日後
(労災により休業している期間とその30日後までの間)
∋坐飴左綉找肪羌擇咾修裡械案後の女性社員
(産前産後休暇中=出産予定日以前6週間、産後8週間)

上記の解雇制限に例外があります。
業務上の傷病による療養の開始後3年を超えても、治癒しない場合、下記のいずれかに該当すれば解雇制限が解除され、解雇することが可能となります。
(振冂其發裡院ぃ横娃案分の打切補償を支払う場合
⊇病補償年金を受け取れることになった場合

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up