就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|在籍出向の場合、雇用保険、社会保険はどのように取扱うのでしょうか?

労働問題の事例紹介

在籍出向の場合、雇用保険、社会保険はどのように取扱うのでしょうか?

出向元に籍を残したまま出向先で業務を行うことを一般的に在籍出向と呼んでいます。
この場合、一般的には籍が出向元に残っていますので、雇用保険、社会保険は出向元で加入し、保険料を納めていくこととなります。
労災の保険料のみ出向先で納付することとなりますので、ご注意下さい。
労働保険申告の際に出向元、出向先両方で支払ってしまったというケースが結構見受けられます。出向元、出向先、お互いに納付時に確認されることをお勧め致します。
派遣の場合とは保険料の取り扱いが異なりますので、ご注意下さい。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up