就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|うつ病っぽい社員がいて、ミスを繰り返すので休むように言ったのですが、「大丈夫です」と言って休みません。どうしたらよろしいでしょうか?

労働問題の事例紹介

うつ病っぽい社員がいて、ミスを繰り返すので休むように言ったのですが、「大丈夫です」と言って休みません。どうしたらよろしいでしょうか?

精神的な病は見ても症状がわりませんので、対応が難しいところです。
しかし、従業員には充分に(精神的にも肉体的にも)仕事が出来る状態で仕事をする義務があります。それが出来ない場合は従業員としての義務を果たせていませんので、休ませることも必要だと思います。
就業規則あるいは職場ルールブックに「従業員が精神または肉体的に業務を行うことが不完全な状態であると会社が判断した場合には、会社が指定する医師の診断を受けなければならない。また、会社が必要と判断した場合には休業を命じることができる。従業員は拒むことが出来ない」と記載しておきましょう。
従業員の調子がおかしいなと感じたら、病院へいくことを命令し、必要であれば休ませる。いずれにしても早い対応が早い復帰に繋がりますので、早めに対応していくことが重要です。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up