就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|有期雇用契約社員の期間満了時は特に何か言う必要はあるのでしょうか?

労働問題の事例紹介

有期雇用契約社員の期間満了時は特に何か言う必要はあるのでしょうか?

雇用契約書を再度見直しして確認して頂きたいのですが、雇用契約の更新についてどのように記載されているのでしょうか?最近、有期雇用契約の雇い止めの取り扱いについて揉めるケースが非常に増えています。
これは会社側と従業員側の契約更新に関する認識にズレがあるからです。
「更新は行いません。」とはっきり記載されている場合は特に何も話さなくても揉める要素はありません。「契約の更新を行うことがある。」「その都度更新する。」等の記載をしている場合は必ず事前に契約の更新の有無についてきちんとお話をして下さい。なお、更新を3回以上行ってきた場合は実質期間の定めのない契約と同等に扱われます(更新しない場合は満了日の30日以上前に伝える必要があります。)ので、ご注意下さい。(従業員側が更新が当たり前だと思ってしまい、実質期間の定めの無い契約と同じということです。)

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up