就業規則アドバイザー労働問題の事例紹介|過重労働に対する時間外労働の基準があると聞きました。教えて下さい。

労働問題の事例紹介

過重労働に対する時間外労働の基準があると聞きました。教えて下さい。

過労死(労災による脳・心臓疾患)が疑われるケースの場合、その直前の時間外労働を見て業務が理由と考えられる(労災認定)のか判断されます。もちろん、これ以外にも人間関係(パワハラやセクハラ)や仕事の責任・量等にもより異なるケースも考えられますので一概には言えないですが、判定の基準となっています。
1、直近の1ヶ月に100時間以上の時間外または2ヶ月〜6ヶ月の平均時間外80時間を超 える場合は業務との関連性が強いと判定出来る。
2.直近6ヶ月の平均時間外が45時間を超える場合は、その時間が長くなればなるほど、業 務との関連性が徐々に強まるの判定出来る。
3.直近6ヶ月の平均時間外が45時間を超えない場合は業務との関連性が薄いと判定出来  る。
通常の36協定の1ヶ月の時間外労働の限度時間が45時間となっているので、やはり会社としては1ヶ月45時間以内に収めていくようにしていく必要があります。

今すぐ事務所に相談する

一覧に戻る

就業規則作成の必要性 就業規則作成の必要性
チェックプラン セミオーダープラン フルオーダープラン
料金について
料金の詳細はこちら 今直ぐ聞いてみたい方はこちら
その他運営サイト
  • 野崎社会保険労務士事務所
  • 給与計算アウトソーシングオフィス
  • 会社設立支援パック
page-up